ブログ

2011年8月9日 紀三井寺・千日詣り

紀三井寺・千日詣


約1250年前に紀三井寺が開基した折、開山・為光上人の徳を讃えて、竜宮城の乙姫様が竜宮の灯明「竜灯」を奉納しに来る日といわれ、この日一日のお詣りが千日の功徳があるとされる特別な日。

夜には、夜店や子ども会の和讃踊り奉納、貴志川太鼓による太鼓奉納、拾うと福が授けられると言われる「福棒投げ」などが行われ、多くの人で賑わいます。

この日たった1日お詣りするだけで、1000日分お詣りしただけの功徳があるなんて、とっても「お得」な行事ですよね。
comments (0) | trackbacks (0)

夏季限定!冷んやり・さっぱり★かき氷 登場!

かき氷レモン

梅雨も明け、萬波眼下の砂浜では、磯遊びや水辺で遊ぶ子供達の歓声が賑やかに響きます。
正式な「海水浴場」ではありませんが、萬波駐車場から徒歩3分で小さな小さな砂浜があり、ご宿泊のお客様が「プライベートビーチだ!」と楽しまれています。
(水に入るとすぐ深みとなりますので、小さなお子様連れのお客様は要注意です)


さて、夏季限定のかき氷★がはじまりました!
シャカシャカ氷を削る音が何とも涼しげで、蝉の声も気になりません(*^_^*)
口に含むとシロップの甘味と、ヒンヤリした氷が舌の上で溶けてゆく感触は、まさに夏の醍醐味ですね。
「頭がキーン」となるのもお約束 (^_^)/

温泉でほっこりした後は、ロビーでかき氷をお楽しみください。
comments (0) | trackbacks (0)

夏真っ盛り★海水浴へ行こう!

海水浴場行バスのご案内

南海和歌山市駅より、和歌浦周辺の海水浴場行のバスが運行されています。

私が出勤時に乗った電車の車内にも、すでに海パン&ゴーグル&浮き袋の小学生の男の子がそわそわしながら、座っておりました。

和歌山といえば、白浜の白良浜がキレイな砂浜と水質で有名ですが、
和歌浦の海も水質Aランク!なのです。

さらに、電車とバスを乗り継いでも、お車でお越しになっても便利のよい
好立地といえば、毎年多くの海水浴を楽しむ人々で賑わいます。

片男波海水浴場は、トイレ・シャワーなどの施設も完備され
お子様連れでも安心な海水浴場です。


詳しくはこちらをご覧ください▼
MANPA周辺海水浴場のご案内
comments (0) | trackbacks (0)

萬波の七夕

七夕飾り


七夕は古くから行われている日本のお祭り行事で、一年間の重要な節句をあらわす五節の1つです。
毎年7月7日の夜に、願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉につるし、星にお祈りをする習慣に「懐かしい」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

七夕の起源には数多く説がありますが、

(1)もともと日本の神事であった「棚機(たなばた)」と
(2)おりひめとひこぼしの伝説と
(3)奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」

という行事があわさったものだそうです。


笹の葉に短冊に願いを書いて飾り付けるのは、月7日の七夕の夜、おりひめとひこぼしが待ちに待った「再会」という願いを叶えるのにあやかって、「二人のように、願い事がかないますように」と、願を託す習慣となりました。

祭りの後、竹や笹を川や海に飾りごと流す風習には、竹や笹にけがれを持っていってもらうという意味があります。


萬波の七夕飾りに願をかけてみませんか?
海の上に広がる星空に、きっと想いは届くことでしょう。
comments (0) | trackbacks (0)
1/1


トップお料理クエ料理ハモ料理お風呂客室館内施設楽しみ方海水浴宿泊プラン・ご予約日帰りプラン
基本料金表ブログ周辺観光交通アクセスQ&Aお問合せプライバシーポリシーサイトマップ